鉄印の旅2 おまけ 京都丹後鉄道 丹後あおまつ号乗車

京都丹後鉄道の限定賀正の鉄印を記帳後、特急に乗車して帰宅しようと思っていたが、次発の列車が観光列車「丹後あおまつ」号でしたので、せっかくなので、「丹後あおまつ」号に乗車しました。

今回利用している「もうひとつの京都 周遊パス 海の京都エリア」

のきっぷの特典で、観光列車車内(丹後あかまつ号・丹後あおまつ号・丹後くろまつ号)で丹鉄珈琲が1杯無料なので「丹後あおまつ」号乗車後、売店へ行き

丹鉄珈琲を頂きました。

鉄印の旅2 北条鉄道 北条町

北条鉄道の鉄印は

スタンプと書き置きの2種類あり、前回スタンプを記帳したため、今回書き置き印を記帳するため、井原鉄道開業22周年記念鉄印を記帳後、北条鉄道の北条町へ向かいます。

井原鉄道 井原 → 清音

井原から清音へ向かいます。

伯備線 清音  岡山

清音から播州赤穂行きに乗ります。

今回乗車した列車は、「SETOUCHI TRAIN」ラッピング車でした。

本当なら、このまま播州赤穂まで乗り、播州赤穂で姫路行きに乗換えをしたいところだが、今回清音での乗換時間が3分しかないので事前に乗車券を購入しており、その乗車券が山陽本線経由でしたので岡山駅で山陽本線に乗換えます。

山陽本線 岡山  相生

岡山から山陽本線に乗換え、相生へ

JR神戸線 相生→ 姫路

相生で姫路行きに乗換えます。

神姫バス 姫路北口  アスティアかさい

神姫バスと北条鉄道では、期間限定で「バス旅ひょうご姫路加西プラス北条鉄道」を販売しており、姫路駅からアスティアかさいの往復運賃より安く鉄印記帳の際に北条鉄道のきっぷの購入が不要なので、神姫バスの窓口へ向かい、

「バス旅ひょうご姫路加西プラス北条鉄道」を購入し、

アスティアかさいへ向かい、アスティアかさいから北条町駅へ行きました。

鉄印の旅 北条鉄道 北条町

今回、スルッとKANSAI協議会が4年ぶりに「KANSAI THRU PASS 2dayチケット(国内版)」を期間限定で発売したので、「KANSAI THRU PASS 2dayチケット」を使って北条鉄道の鉄印を記帳してきました。

神戸鉄道 新開地 → 粟生

今回、新開地から神戸電鉄で北条鉄道との接続駅粟生へ向かいます

北条鉄道 粟生 → 北条町

粟生で北条鉄道のホームへ向かうと法華口駅行き違い設備完成のヘッドマークが装着した車両が止まっており、この列車に乗って北条町へ向かいました。

鉄印の旅2 井原鉄道 井原(開業22周年記念)

井原鉄道が開業22周年を記念して、井原鉄道社長直筆「開業22周年記念鉄印」の配布があるので、井原駅へ向かいました。

のぞみ75号 新大阪 → 岡山

今回、期間限定の「新幹線&やくも早特3」

を利用して、山陽新幹線のぞみ号岡山まで向かいます。

通常大阪ー岡山間のぞみ指定利用なら6,550円だが、今回利用の「新幹線&やくも早特3」は大阪ー米子間なら4,500円で購入出来るので、約2,000円もお得になります。

やくも3号 岡山 → 倉敷

岡山からは、せっかく特急やくもの特急券があるので倉敷まで乗車しました

倉敷 清音

倉敷からは普通に乗換、清音へ

井原鉄道 清音→ 井原

清音で井原鉄道に乗換え、井原へ

井原駅へ着き、コミュニティーホールへ向かうと特設販売場が設置しており、

12時の販売開始時間になると、井原鉄道の藤本社長が目の前で揮毫して貰いました。

参考

開業22周年記念鉄印

販売日時

令和3年1月12日 12時〜13時

配布数量

限定22枚

発売箇所

井原駅コミュニティーホール特設会場

鉄印の旅 天竜浜名湖鉄道 天竜二俣

所用で浜松へ来ていたので、天竜浜名湖鉄道の鉄印を記帳してきました。

遠州鉄道 新浜松 → 西鹿島

新浜松から遠州鉄道に乗り、天竜浜名湖鉄道との乗換駅の西鹿島へ向かいます。

今回、

共通1日フリーきっぷ(西ルート)を利用しました。

天竜浜名湖鉄道 西鹿島 → 天竜二俣

西鹿島で天竜浜名湖鉄道に乗換え、天竜二俣へむかいました。

今回天竜二俣駅へ訪れた際、長谷川社長(当時)が在席されていたので、長谷川社長に直接記帳してもらいました。

鉄印の旅2 京都丹後鉄道 賀正バージョン

京都丹後鉄道では、令和3年1月より鉄印のデザインをリニューアルし、また1月1日より50枚限定で「賀正」と記載されている鉄印を販売するので、

令和3年最初の鉄印の旅2は、京都丹後鉄道の天橋立へ向かいました。

特急きのさき 京都 → 福知山

京都から福知山まで特急きのさき号で福知山へ向かいます。

特急たんごリレー 福知山→ 天橋立

福知山の京都丹後鉄道の窓口で、「もうひとつの京都 周遊パス 海の京都エリア」

を購入し、天橋立へむかいました。

天橋立にて、限定の鉄印購入時に残りの枚数を確認すると、あと5枚だそうです。

鉄印の旅 樽見鉄道 本巣

長良川鉄道 関駅で鉄印の記帳後、樽見鉄道の本巣へ向かいます。

 美濃太田

関から美濃太田へ戻ります。

美濃太田 岐阜

美濃太田から高山線で岐阜へ向かいます。

岐阜 大垣

岐阜から東海道線に乗換え大垣へ

大垣 本巣

大垣で樽見鉄道に乗換え、本巣へ向かいました。

鉄印の旅2 しなの鉄道 小諸駅

直江津駅で新たな鉄印帳を購入後、しなの鉄道の記帳へ向かうのだが、前回豊野の鉄印を記帳したので今回は小諸へ向かいます。

えちごトキめき鉄道 直江津 妙高高原

えちごトキめき鉄道妙高はねうまラインにて、妙高高原へ

しなの鉄道 妙高高原 → 長野

妙高高原にてしなの鉄道に乗換え、長野へ

しなの鉄道 長野 → 小諸

長野で小諸行きに乗換え、小諸へ向かいます。

鉄印帳2冊目購入

2020年7月10日(金)に第三セクター鉄道等協議会が販売を開始した「鉄印帳」

購入当初は一冊あれば充分だと思っていましたが、販売開始から半年が経ち、鉄印を販売している各鉄道会社の中には

販売駅によって異なる鉄印を販売している会社

  • わたらせ渓谷鉄道 相老駅 大間々駅 通洞駅
  • しなの鉄道 豊野駅 小諸駅
  • えちごトキめき鉄道 直江津駅 糸魚川駅
  • 土佐くろしお鉄道 中村駅 安芸駅

直接記入と書き置き印で異なる鉄印を販売している会社

  • 天竜浜名湖鉄道
  • 北条鉄道
  • 肥薩おれんじ鉄道

期間限定鉄印を販売している鉄印を販売している会社

  • IGRいわて銀河鉄道 12月限定の鉄印
  • 秋田内陸縦貫鉄道 アテンダント鉄印
  • 由利高原鉄道 開業35周年記念特別鉄印
  • 北越急行 正月限定印
  • えちごトキめき鉄道 トキ鉄開業5周年記念版鉄印等
  • わたらせ渓谷鉄道 イルミネーション版鉄印等
  • 天竜浜名湖鉄道 限定印
  • 信楽高原鉄道 「信楽高原鐵道×信楽たぬきの日」コラボ鉄印
  • 京都丹後鉄道 新年限定印
  • 肥薩おれんじ鉄道 新年特別スタンプ

通常の鉄印のデザインを変更した会社

  • 信楽高原鉄道
  • 京都丹後鉄道

等2種類以上の鉄印を販売している鉄道会社が出てきており、

また1冊目の鉄印帳をコンプリートをしたため、2冊目を購入しようと調べていると、

えちごトキめき鉄道が特別仕様(デニム)の鉄印帳を販売しているので購入しました。

二冊目は、一冊目と異なる鉄印を集めていこうと思います。

鉄印の旅2 えちごトキめき鉄道 直江津駅

由利高原鉄道の鉄印で39会社コンプリート(阿佐海岸鉄道はDMV導入まで休止中)(アップしていない会社は、いずれアップの予定です)だが、

インターネットで調べてみると、鉄印をコンプリートしている方の中には、2周目を行っている方がおられるそうで、

鉄印集め2周目を行うに辺り、1周目と異なる鉄印帳と鉄印を収集したいなぁと思っていたら、

えちごトキめき鉄道で

  • デニム生地の特別の鉄印帳
  • 開業5周年記念鉄印
  • 年末年始版鉄印

が販売しているので、

これらを購入すべく直江津駅へ向かいます。

また矢島から直江津まで、羽後本庄から特急いなほに乗車しても普通列車で乗り継いても、直江津に着く時間が同じなので、今回普通列車を乗り継いて向かいます。

おもちゃ列車 矢島 → 羽後本庄

矢島から羽後本庄まで先程乗ったおもちゃ列車で戻ります。

矢島駅出発の際、まつこさんも見送ってくれました。

羽越本線 羽後本庄酒田

羽後本庄から酒田まで乗車です。

羽越本線 酒田 新津

酒田から羽越本線の始発である新津まで約3時間半掛けて向かいました。

新津駅到着後、次に乗車する「らくらくトレイン信州号」の乗車整理券を購入し、

1番ホームへ向かうと、羽越本線の0ポストの案内板があり、

今日1日で271.7km以上移動しているのだなと思いました。

快速「らくらくトレイン信越」 新津 → 直江津

新津からは本日の最終乗車の快速「らくらくトレイン信越」で直江津へ向かいます。

この「らくらくトレイン信越」は、来春のダイヤ改正で全車指定の快速「信越」へ変わるため、おそらく「らくらくトレイン信越」に乗車するのは最後だと思います。

使用している車両は、特急「しらゆき」の車両なので快適に過ごすことができました。

なお、直江津到着時はすでに窓口の営業が終わっていたので、鉄印の購入は翌日になりました。