鉄印の旅 錦川鉄道 錦町(清流みはらし列車 乗車)

今回、錦川鉄道の鉄印を記帳してもらうにのに何か観光列車等がないかなぁと検索してみると、

錦川鉄道では毎月1回、「清流みはらし列車」という観光列車を走らせており、8月の運行日に乗車出来そうなので、「清流みはらし列車」に乗車して錦町へ向かいました。

岩国(12:30)→ 錦町(14:00

事前に郵送された乗車券で改札を通り、「清流みはらし列車」が出発する0番ホームへ向かうと、すでに列車が止まっていました。

列車の受付は、列車内のため車内で受付を行い料金の5,000円を払い車内へ

今回使用のキハ40系は、元JR東日本の烏山線の車両のため、車内の至るところにJR東日本のロゴが残っていました。

受付で指定された席へ向かうとすでにお弁当がセットされていました。

列車が岩国駅出発後、お弁当を開封して頂きました。

このお弁当とてもボリュームがありおいしかったです。

「清流みはらし列車」は清流新岩国駅までの各駅に乗車客のために停車しますが、今回岩国駅で予約の乗客が全員乗車をしたため、各駅では停車するが扉の開閉はありませんでした。

途中、北河内駅にて列車の入れ違いとトイレ休憩のため、10分停車しました。

北河内駅出発後途中、清流の滝

かじかの滝

で徐行運転を行い、「清流みはらし」駅へ

この「清流みはらし」駅には出入口は無く、また「清流みはらし列車」等のイベント列車しか停車しない秘境駅です。

「清流みはらし」駅にて13分程停車して、終点錦町へ

錦町駅にて鉄印を記帳してもらい、岩国へ

錦町(14:19)→岩国(15:28)

帰りは、定期列車にて岩国駅へ戻りました。

鉄印の旅⑤ 長良川鉄道 関駅

明知鉄道の寒天列車乗車後、長良川鉄道の鉄印を記帳するため、関へ向かいました。

明知(15:01 多治見(15:30)

まずは、中央線で多治見駅へ向かいます。

高蔵寺15:54)→美濃太田(16:23)

多治見駅で太多線に乗換えて美濃太田駅へ向かいました。

車内ではほぼ爆睡していて、気づいたら美濃太田駅の手前でした。

美濃太田16:23 関(17:02

美濃太田駅到着後、長良川鉄道に乗換え関へ

関駅到着後、駅窓口へ向かい鉄印をもらいました。

鉄印の旅 おまけ 明知鉄道 寒天列車乗車

明知鉄道恵那駅にて鉄印の記帳後、明知鉄道に乗らず次の鉄印の駅へ向かっても良いのだが、鉄印の趣旨が乗車するのが目的のため、明知鉄道に乗車しました。

せっかくなのでイベント列車に乗りたいなぁと調べてみると、明知鉄道では食堂列車を運行していて、この季節は寒天列車を運行しています。

また、コロナウイルス感染防止のため4月〜6月までの3ヶ月間運転を見合わせていましたが、7月からの運行再開を記念して「緊急企画!!カッとく応援チケット『寒天列車』」を募集していて、

がんばろう恵那プロジェクトにより先着400名が通常5,500円のところ特別料鉄4,000円で乗車できるので、寒天列車に乗車してきました。

恵那12:25)→ 明知(13:19

今回食堂車としての車両は明智光秀ラッピング列車でした。

車内へ入ると、3段重の食事が用意しており、

列車が恵那駅出発後、寒天ジュースで乾杯し前菜のところてんから頂きました。

ところてんを頂いている間に係の方が弁当を広げてくれました。

全体
お品書き
一の段
二の段
三の段

全ての食事に寒天が使われていました。

列車に揺られながら美味しく頂き、終点明知駅へ到着しました。

明知13:54)→ 恵那(14:44

明知からの帰りの列車は「麒麟がくる」のラッピング車でした。

鉄印の旅④ 明知鉄道 恵那駅

愛知環状鉄道瀬戸市駅にて鉄印の記帳後、明知鉄道の鉄印を記帳するため、恵那へ向かいました。

瀬戸市(10:37)→高蔵寺(10:43)

まずは、高蔵寺駅へ戻ります。

瀬戸市駅へ向かう列車は2両でしたが、高蔵寺へ戻る列車は4両でした。

高蔵寺(10:51)→恵那(11:27)

高蔵寺駅から再び中央線に乗換えて恵那駅へ向かいました。

恵那駅到着後、明知鉄道の改札へ向かい

予約していた「寒天列車」の受付を行い、受付の際に頂いた乗車券を提示し鉄印の記帳を行いました。

鉄印の旅③ 愛知環状鉄道 瀬戸市駅

伊勢鉄道鈴鹿駅で鉄印の記帳後、愛知環状鉄道の瀬戸市駅へ向かいます。

快速みえ4号 鈴鹿(8:38)→名古屋(9:21)

まずは快速みえ号に乗車し名古屋へ向かいました。

名古屋(9:38)→高蔵寺(10:07)

名古屋から中央線に乗換えて、高蔵寺へ向かいました。

高蔵寺に到着後、青空フリーパスが愛知環状鉄道が使えないので、一旦改札を出てICカードで再入場しました。

高蔵寺(10:15→ 瀬戸市(10:22)

高蔵寺で愛知環状鉄道に乗換え瀬戸市へ向かい、鉄印を購入しました。

鉄印の旅② 伊勢鉄道 鈴鹿駅

鉄印の旅2日目は、JR東海の青空フリーパス

を使って東海地方の鉄道会社を巡ってきました。

まずは、亀山駅から伊勢鉄道の鈴鹿駅へ向かいました。

亀山(7:37)→河原(7:53)

亀山から伊勢鉄道の乗換駅である河原田へ向かいました。

河原田(8:03)→鈴鹿(8:06)

河原田駅から伊勢鉄道に乗換え鈴鹿駅へ

鈴鹿駅にて鉄印を購入するため鉄印帳を提示すると、鉄印帳発売2日目でしたので、他で購入した鉄印帳を持参してきたのが珍しく、「どちらで鉄印帳を購入しましたか?」と聞かれました。

鉄印の旅① 信楽高原鉄道 信楽駅

第三セクター鉄道等協議会では、同協議会に加盟する鉄道会社と関連会社の連携事業として、地方鉄道と沿線地域の振興を目的とした「鉄印帳」の販売と、「鉄印」の記帳を2020年7月10日(金)から開始したので、販売開始初日に信楽高原鉄道の信楽駅へ「鉄印帳」の購入と「鉄印」の記帳へ行ってきました。

まず今回のスタートは、京阪石山駅からです。

京阪石山(6:59)→石山寺(7:03)

ビールでんしゃのラッピング車両に乗って石山寺へ移動

信楽へ向かうのに、何故石山寺へ向かったかというと、

滋賀バス 石山寺(7:15)→信楽駅(8:14

信楽のコミュニティバスが平日の朝と夕方の2往復だけ石山寺まで来ていて、このバスの運賃が300円と信楽高原鉄道を利用するより安いので、このバスに乗って信楽駅へ向かいました。

途中、高校生等の通学の利用が多かったです。その為、乗り降りに時間がかかり、終点の信楽駅の到着が予定より少し遅れの到着でした。

信楽駅到着後、駅舎へ行くと鉄印帳の販売開始前でしたので、発売の準備中でした。

9時の販売開始とともに鉄印帳と鉄印を購入

信楽高原鉄道信楽(9:46)→貴生川(10:09)

鉄印帳と鉄印を無事に購入し、信楽高原鉄道に乗って貴生川へ戻りました。