鉄印の旅(2021年冬) 明知鉄道

第三セクターの一部の鉄道会社で、冬バージョンや開業記念限定の鉄印の記帳始めたので、青春18きっぷを使用して

いろいろと巡る旅に出かけました。

まずは、明知鉄道の手書き鉄印(冬)を求め明智へ向かいます。

なお今回使用しているJRの乗車写真は、乗換え時間がわずかしかなく撮影が出来なかったので、過去に撮影した参考の写真です。

新快速 京都→ 米原

まずは新快速で米原まで向かいます。

東海道線 米原→ 大垣

米原では、3分の接続で大垣行きに乗換えました。

新快速 大垣→ 名古屋

大垣では6分の接続で豊橋行き新快速に乗換え、名古屋へ向かいます。

快速 名古屋 → 恵那

名古屋では乗換え時間が3分で中津川行き快速に乗車し、恵那へ向かいます。

明知鉄道 恵那 明智

明知鉄道の恵那の窓口では

「えな旅得フリー切符」が販売しており、

恵那ー明智の片道が690円のところ、「えな旅得フリー切符」は1,000円と往復利用なら380円もお得なので、「えな旅得フリー切符」を購入し、

明智へ向かいます。

明智駅では、4種類の手書き鉄印(冬)を販売しています。

今回利用したきっぷ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です