鉄印の旅3 由利高原鉄道 羽後本荘駅新駅舎開業記念鉄印

のと鉄道の「大本山總持寺開創七百年」プレミアム鉄印記帳後、

由利高原鉄道が羽後本荘駅の新駅舎開業を記念して「羽後本荘駅新駅舎開業記念鉄印」を記帳するので、羽後本荘へ向かいました。

のと鉄道 穴水→ 七尾

穴水には、22分の滞在で七尾へ戻ります。

サンダーバード20号 七尾→ 津幡

七尾からサンダーバードにて津幡へ向かいます。

往路は普通でしたので、津幡から七尾まで1時間12分も掛かりましたが、復路は特急でしたので44分で津幡まで戻れました。

IR・あいの風 津幡 → 泊

津幡からIRいしかわ鉄道に乗り換え、泊へ向かいます。

えちごトキめき鉄道 泊 → 直江津

泊でえちごトキめき鉄道に乗換え、直江津へ向かいます。

信越線 直江津 → 長岡

直江津からは信越線に乗換え、長岡へ向かいます。

信越線 長岡 → 新潟

長岡で新潟行きに乗換え新潟へ向かいます。

新潟駅到着後、万葉シティのバスセンターへ移動し、夕食として新潟B級グルメのバスセンターのカレーを頂きました。

バスセンターのカレーを頂いた後、新潟交通のバスに乗り、末広橋へ向かいました。

末広橋のバス停を降り、標識の

北海道航路の案内に沿って、新日本海フェリーの新潟港へ向かいました。

新日本海フェリー 新潟港 秋田港

新潟から苫小牧行きの新日本海フェリーに乗船し、秋田港へ向かいます。

このフェリーは、新潟港を22:30に出港して秋田港に早朝5:05に着くため、時間を有効的に利用出来、今回利用したツーリストAの料金が8,000円でしたので、ホテル代を思えばそんなに高くないなぁと思い利用しました。

また今回新日本海フェリーを利用したのは、前回錦川鉄道のコラボ鉄印を巡る際に御船印を集め始めたので、今回新日本海フェリーの御船印の記帳も行いました。

今回初めて日本海航路のフェリーを利用するので、波による揺れが心配でしたが、ベットで横に慣れたおかげで秋田港到着の1時間前の船内放送まで熟睡できました。

秋田港到着後、秋田駅行きのバスの案内がありましたが、秋田港発が6時20分と1時間以上待つので、約30分かけて最寄りの土崎駅まで歩いて移動しました。

7月31日からJR秋田支社「駅カード」第 4 弾として新たに土崎駅でも「駅カード」の配布が始まったので、青春18切符の日付を入れてもらう際に「駅カード」も頂きました。

羽越本線 土崎 → 羽後本荘

土崎から酒田行きの列車に乗車し、羽後本荘へ向かいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です