鉄印の旅2 えちごトキめき鉄道 直江津駅

由利高原鉄道の鉄印で39会社コンプリート(阿佐海岸鉄道はDMV導入まで休止中)(アップしていない会社は、いずれアップの予定です)だが、

インターネットで調べてみると、鉄印をコンプリートしている方の中には、2周目を行っている方がおられるそうで、

鉄印集め2周目を行うに辺り、1周目と異なる鉄印帳と鉄印を収集したいなぁと思っていたら、

えちごトキめき鉄道で

  • デニム生地の特別の鉄印帳
  • 開業5周年記念鉄印
  • 年末年始版鉄印

が販売しているので、

これらを購入すべく直江津駅へ向かいます。

また矢島から直江津まで、羽後本庄から特急いなほに乗車しても普通列車で乗り継いても、直江津に着く時間が同じなので、今回普通列車を乗り継いて向かいます。

おもちゃ列車 矢島 → 羽後本庄

矢島から羽後本庄まで先程乗ったおもちゃ列車で戻ります。

矢島駅出発の際、まつこさんも見送ってくれました。

羽越本線 羽後本庄酒田

羽後本庄から酒田まで乗車です。

羽越本線 酒田 新津

酒田から羽越本線の始発である新津まで約3時間半掛けて向かいました。

新津駅到着後、次に乗車する「らくらくトレイン信州号」の乗車整理券を購入し、

1番ホームへ向かうと、羽越本線の0ポストの案内板があり、

今日1日で271.7km以上移動しているのだなと思いました。

快速「らくらくトレイン信越」 新津 → 直江津

新津からは本日の最終乗車の快速「らくらくトレイン信越」で直江津へ向かいます。

この「らくらくトレイン信越」は、来春のダイヤ改正で全車指定の快速「信越」へ変わるため、おそらく「らくらくトレイン信越」に乗車するのは最後だと思います。

使用している車両は、特急「しらゆき」の車両なので快適に過ごすことができました。

なお、直江津到着時はすでに窓口の営業が終わっていたので、鉄印の購入は翌日になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です