鉄印の旅2022年夏 秋田内陸縦貫鉄道

秋田内陸縦貫鉄道では、2022年4月に発売した「秋田内陸線ものがたり」鉄印

の第二弾が6月から発売されたので、

ANAのSFC修行を兼ねて、阿仁合まで向かいました。

ANA 東京(羽田)→大館能代

東京(羽田)から大館能代行きは今回で3回目の搭乗ですが、過去2回はサテライトからの出発でしたが、今回は本館(本館でも北ピアの端っこ)からの出発でした。

羽田空港を定刻に出発し、大館能代空港には予定より少し早く到着しました。

空港リムジンバス 大館能代空港 → 鷹巣駅

大館能代空港から空港リムジンバスにて鷹巣駅へ向かいます。

秋田内陸縦貫鉄道 鷹巣 → 阿仁合

鷹巣から秋田内陸縦貫鉄道に乗車し、阿仁合へむかいます。

今回鷹巣ー阿仁合の往復利用のため、

  • 鷹巣ー阿仁合(往復):1,680円
  • 「秋田内陸ワンデーパス(A)」:1,500円

「秋田内陸ワンデーパス(A)」を利用した方が少しお得なので「秋田内陸ワンデーパス(A)」を購入すると、ただいまリピーターチケットプレゼントキャンペーンを実施中のため

来年の3月まで使えるチケットも頂くことが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。